外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ノーベル物理学賞の受賞が決まった天野浩名古屋大教授(54)が5日、授賞式のあるストックホルムに向け中部空港(愛知県常滑市)を出発した。天野さんは出発に先立ち記者会見し、「記念講演では、学生当時の修士、博士課程から助手に至るまでの話をし、若い年代を勇気づけるメッセージを伝えたい」と話した。

共同通信