外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【オスロ共同】ノルウェー・ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長(63)は10日、オスロで共同通信と単独会見した。今年の平和賞は「児童労働と教育」に焦点を合わせたと強調。受賞者の1人となるマララ・ユスフザイさんは17歳にもかかわらず、教育を受けられない子どもが大勢いることを知らせ、世界に警鐘を鳴らす上で「多大な貢献をした」と高く評価した。

共同通信