外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ハイブリッド車に乗っている人は、従来型の乗用車に比べて交通事故の際にけがをする危険性が25%少ないという調査結果を17日、米国の保険業界でつくる調査機関がまとめた。大きな電池を積んだハイブリッド車は従来の車よりも約10%重いため、衝突時のショックを和らげる効果があるらしい。調査機関は「燃費の向上が安全性を犠牲にしていないことが証明された」とコメントしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信