外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本サッカー協会の霜田正浩強化担当技術委員長は5日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でアルジェリアを16強に導いたボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)を次期日本代表監督として12日の理事会に推薦することを明らかにした。条件面では基本合意しており、理事会の承認後に正式契約を結ぶ予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信