外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】東日本大震災の津波で太平洋に流出、漂流している木材や家電製品などが米ハワイ諸島の海岸を直撃、沿岸施設や環境に被害を与える危険性が高まっているとして、学者らが阻止策を話し合う会議が14日、ホノルルで開かれた。会議では試案として、ハワイ諸島の北西にあり日本から見てハワイの手前に当たるミッドウェー諸島周辺で、水面に浮かぶ防壁を築くなどの方法が議論された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信