外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国の不当な隔離政策で差別や偏見を受けながら亡くなったハンセン病患者や元患者を追悼し、名誉を回復する政府主催の式典が16日、東京の厚生労働省で開かれた。患者の強制隔離を定めた「らい予防法」の廃止(1996年4月)から20年が経過。ハンセン病訴訟の全国原告団協議会の志村康会長らが、元患者らの名誉回復に向け一層の取り組みなどを国に求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信