外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本大医学部の前身の熊本医科大が、昭和初期にハンセン病患者の遺体で骨格標本を作製し、戦時中まで保管していたことが分かった。熊本大が9日、明らかにした。全国ハンセン病療養所入所者協議会によると、患者の骨格標本の作製が明らかになるのは初めて。専門家は「本人や遺族の許可なく標本にしたとみられ、人権侵害だ」と指摘している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信