外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ハンセン病の療養所に入っていない「非入所者」だった女性患者(故人)の鳥取県に住む遺族男性(69)が、国の強制隔離政策などで母親だけでなく、家族も偏見や差別の被害を受けたとして、国と県に計1925万円の損害賠償を求めた訴訟で、鳥取地裁(大島雅弘裁判長)は9日、請求を棄却する判決を言い渡した。

共同通信