外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ハンセン病患者の裁判が隔離先の療養所などに設置された「特別法廷」で開かれていた問題で最高裁は25日、必要性を審査せず形式的に設置を許可したのは裁判所法違反だったとする調査報告書を公表した。記者会見した今崎幸彦事務総長は、差別的な取り扱いを認め「患者の人格と尊厳を傷つけ、深く反省しおわびする」と謝罪。報告書には明記しなかったが「法の下の平等を保障した憲法に違反していたと強く疑われる」と違憲の疑いに言及した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信