外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】バイデン米副大統領が訪問先のトルコで24日、同国政府がクーデター未遂の首謀者と断定し、引き渡しを求めている在米イスラム指導者ギュレン師について「他の国にいてくれたら良かったのに」と発言した。トルコとのあつれきに悩むバイデン氏が“本音”を漏らしたと話題になっている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信