外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バチカン共同】バチカンのサンピエトロ広場で16日夕、ウクライナ政府から贈られたクリスマスツリーの点灯式が行われた。金や銀の玉で装飾を施されたツリーに数百個の発光ダイオード(LED)による照明がともると、詰め掛けた観光客らから歓声が上がった。ツリーは約30メートルのモミの木。ANSA通信によると、同広場にクリスマスツリーを飾る習慣は1982年に前ローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世が始めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信