外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】ローマ法王庁(バチカン)と日本財団は9日、ハンセン病への差別問題を考えるシンポジウムをバチカンで初めて開催した。各国の回復者や専門家のほか、キリスト教やイスラム教、仏教など異なる宗教の指導者ら約250人が出席。2日間の日程で、患者らの尊厳の尊重とケアをテーマに偏見解消への取り組みを議論する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信