外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ロンドン中心部のバッキンガム宮殿前の公園で3月、エリザベス女王に大量の手紙を送るなどストーカー行為をしていた米人男性の白骨死体が見つかっていたことが分かった。英紙デーリー・テレグラフが5日までに報じた。男性は60代後半。事件性はないとみられ、死後3年程度たっていた。現場は宮殿の入り口から100m弱しか離れていないが、木や草むらに隠れていたため、気付かれなかったとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信