外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、国ぐるみのドーピングが発覚したロシアをリオデジャネイロ五輪から全面除外せず、条件をクリアした選手の出場を容認したことについて「最も厳しいハードルを設け、クリーンな選手個人が無実を証明できる正当な権利を考慮した。決断に自信を持っている」と述べた。電話記者会見で語った。これに対して欧米の関係者からは「責任放棄だ」などと厳しい批判が上がった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信