外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【グラスゴー(英国)共同】バドミントンの世界選手権は26日、英国のグラスゴーで行われ、女子シングルス準決勝でリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)がサイナ・ネワル(インド)に2―1で競り勝ち、銀メダル以上を決めた。日本勢の決勝進出は1977年の第1回大会で女子ダブルスを制した栂野尾悦子、植野恵美子組以来40年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信