外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バドミントンの全日本総合選手権最終日は7日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝が行われ、女子シングルスで福井・勝山高2年の山口茜が昨年優勝の三谷美菜津(NTT東日本)をストレートで破り、初優勝を果たした。17歳6カ月でのシングルス日本一は、2011年に16歳8カ月で制した奥原希望に次ぐ2番目の若さ。

共同通信