外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バーミンガム(英国)共同】第103回を迎えた伝統のバドミントン全英オープン最終日は10日、英国のバーミンガムで各種目の決勝を行い、男子ダブルスで第4シードの早川賢一、遠藤大由組は劉小龍、邱子瀚組(中国)に0―2(11―21、9―21)で敗れ、日本選手で1978年女子ダブルスの徳田敦子、高田幹子組以来35年ぶりの優勝はならなかった。ともに26歳の早川と遠藤のペアは、この種目で日本勢初の決勝進出。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信