外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第12日の16日、バドミントンは女子ダブルス準決勝を行い、世界ランキング1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=が2―0で韓国ペアを破って決勝に進み、銀メダル以上を決めた。この種目は前回ロンドン大会で藤井瑞希、垣岩令佳組が銀を取っており、日本は2大会連続のメダルを獲得した。決勝ではデンマークのペアと当たる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信