外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】バドミントン女子シングルスで、準決勝に敗れて3位決定戦に回った奥原希望の銅メダルが確定したと18日、日本バドミントン協会が明らかにした。19日に対戦予定だった李雪ゼイ(中国)が故障のため棄権したと世界連盟から連絡が入った。日本勢のシングルスのメダルは五輪史上初。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信