外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【スマラプラ共同】世界的に有名な観光地で日本人客も多いインドネシア・バリ島のアグン山が約半世紀ぶりに噴火する恐れが高まり、周辺住民ら9万6千人以上が先の読めない避難生活を余儀なくされている。噴火すれば主要産業の観光への悪影響は避けられず、周辺国も含めた航空網の混乱も懸念されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信