外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が11日、神宮球場で行われた広島21回戦の六回に大竹から右翼席へ3試合連続となる本塁打を放ち、今季55号として1964年の王(巨人)、2001年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)が持つシーズン最多本塁打のプロ野球記録に並んだ。チーム122試合目での55号は、ローズとカブレラの135試合を大きく上回る最速での到達となった。

共同通信