外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ヤクルトのバレンティンが4日、阪神戦(神宮)でプロ野球シーズン最多本塁打記録を「60」に伸ばした。六回にメッセンジャーから2ランを放った。3年連続本塁打王に向けてハイペースで量産。9月15日の阪神戦で56、57号を打ち、1964年の王、2001年のローズ、02年のカブレラがつくった55本塁打のプロ野球記録を更新した。今季残り2試合。打率、打点でもトップを争い、8人目の三冠王の可能性も残している。

共同通信