外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 金メダルを獲得した72年のミュンヘン五輪男子バレーボール日本代表の主将で、男子日本代表の監督も務めた中村祐造氏が20日、視床出血のため死去した。68歳。葬儀・告別式は既に近親者だけで執り行われた。姫路工大付高(現姫路工高)から61年に八幡製鉄(現新日鉄)に入社。64年東京五輪で銅メダル獲得に貢献。77年に現役を引退。77~79年には男子日本代表の監督。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信