外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】タイ政府は21日の閣議で、タクシン元首相派の反政府デモに対処するため4月に首都バンコクと周辺3県に発令の非常事態を22日付で解除すると決定。タクシン派の反独裁民主統一戦線(UDD)が過激な行動を控えていることを受け、治安が回復したと判断。これによりタイは非常事態がすべて解除され、8カ月半ぶりに正常化。ただ、UDDは多数の犠牲者を出した治安部隊との衝突への政府責任を今後も追及。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信