外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】洪水被害が深刻化するタイの首都バンコクでは30日も、首都を流れるチャオプラヤ川が高い水位を保ち、川や運河沿いを中心に警戒が続いた。中部アユタヤ県などに甚大な被害をもたらした大量の水が南下して首都に流れ込み、首都北部の広い範囲で冠水。政府は都心部への浸水を食い止めるため、排水対策を進めた。29日までに首都北部と西部の4地区全域で冠水。運河沿いの住民に注意を呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信