外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アフガニスタン中部バーミヤンの世界遺産の仏教遺跡群で、治安の悪化に伴い日本が修復作業を中断した石窟内の壁画や天井の一部が、劣化により剥げ落ちていることが26日までに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の調査で分かった。専門家は修復作業の早期再開が不可欠だとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信