外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バーミヤン共同】アフガニスタン中部の世界遺産バーミヤン遺跡で、2001年に旧タリバン政権によって破壊された2体の大仏のうち、東大仏(高さ約38メートル)の「両足」部分の再現作業を各国研究者との協議なしにドイツの専門家らが開始し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が作業の中断を勧告していたことが19日までに分かった。

共同通信