ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

バーミヤン遺跡、岩壁崩落の危機

 アフガニスタン中部の世界遺産バーミヤン遺跡で、2001年に旧タリバン政権が破壊した大仏2体のうち、高さ約55メートルの西大仏があった「仏龕」と呼ばれる場所の岩壁が崩落の危機に直面していることが12日までに分かった。西大仏の修復に当たっている国際記念物遺跡会議(イコモス)ドイツ調査隊のバート・プラクセンタラー氏は、共同通信の取材に「崩落は時間の問題。壁面などの補修が急務だ」と訴えている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。