外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部部族地域を拠点とするイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」は6日、首都イスラマバードの国連専門機関、世界食糧計画(WFP)の事務所で5人が死亡した5日の自爆テロについて犯行を認め「今後、さらに多くの自爆攻撃を行う」と宣言した。8月の米軍無人機による爆撃で同運動のメスード前司令官が殺害されたことへの報復の可能性が高い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信