外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタンの汚職担当の裁判所は6日、タックスヘイブン(租税回避地)の実態を暴いた「パナマ文書」を発端とする汚職事件で、元首相のシャリフ被告(68)に有罪判決を言い渡した。被告は無罪を訴え、与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派=PML(N)=とその支持者に影響力を維持していた。同国では25日に総選挙が予定されており、PML(N)は直前に大きな打撃を受けた形だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信