外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州デライスマイルカーンで24日、国内少数派のイスラム教シーア派の信者が行進中、道路脇に仕掛けられた爆弾が爆発し、AP通信などによると子供を含む7人が死亡、30人がけがをした。この日はシーア派最大の宗教行事アシュラで多数の信者が集まっており、多数派のイスラム教スンニ派の過激派がシーア派を狙ったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信