外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン南西部バルチスタン州クエッタの野菜市場近くで16日、爆弾テロがあり、地元当局者によると、子供や女性を含む市民80人が死亡、175人が負傷した。死者はさらに増える可能性がある。イスラム教スンニ派の過激派組織「ラシュカレジャングビ」が犯行を認めた。警察幹部によると、付近は国内少数派シーア派が住む地区。シーア派を狙い、車に仕掛けた爆弾を遠隔操作で爆発させたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信