外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米軍との協議のため訪米したパキスタン軍当局者一行が、首都ワシントン郊外のダレス国際空港で警備当局者らにテロリストのような不当な扱いを受けたとして抗議、急きょ帰国したことが1日、分かった。複数の米メディアが報じた。報道によると、機内で1人が「これが最後の飛行になることを望む」と漏らしたことに乗務員がテロの危険を感じ、一行は約2時間半にわたり運輸保安局の事情聴取を受けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信