外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市で2009年、5人が死亡したパチンコ店放火殺人事件で、殺人罪などに問われた無職高見素直被告(45)の控訴審判決で、大阪高裁(中谷雄二郎裁判長)は31日、死刑とした一審大阪地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。弁護側は心神耗弱状態だったとして死刑回避を求めていた。一審判決によると、高見被告は09年7月5日、大阪市のパチンコ店でガソリンをまいて火を付け、5人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。

共同通信