外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 パナソニックは31日、13年3月期連結決算の業績予想を大幅に下方修正し、純損益を500億円の黒字から7650億円の赤字に引き下げた。2年連続の7千億円を超す巨額赤字で、過去最大だった12年3月期の7721億円に迫る。リストラの費用がかさんだ上、収益見通し悪化で税金が還付されると見込んだ「繰り延べ税金資産」4125億円の取り崩しのため。13年3月期の配当を見送る。無配は50年5月期以来、約63年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信