外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】中米パナマからの報道によると、同国の元最高実力者で1989年の米国の軍事侵攻で失脚したマヌエル・ノリエガ元将軍(83)が7日、脳腫瘍の摘出手術を受けた後、昏睡状態となった。同氏の弁護士らが明らかにした。

共同通信