外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 11日の東京株式市場で、パナソニック株が一時、前日終値比8円安の470円を付け、1975年10月6日(468円)以来、約37年ぶりの安値水準となった。円高進行や前日の米株安を嫌気し売り注文が相次いだため。シャープ株も一時、年初来安値を更新した。パナソニック株が売られた理由に関して、在阪のあるアナリストは「業績の先行きに不透明感が強まっている」と指摘した。終値は前日と同じ478円だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信