ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

パナ、ヘルスケア事業を売却へ

 パナソニックが、血糖値測定センサーや補聴器、電子カルテ作成システムなどを手掛ける「ヘルスケア事業」を売却する検討に入ったことが16日、明らかになった。国内企業のほか、海外の大手メーカーなどに打診している。売却額は数百億~1千億円の見込み。パナソニックは「脱テレビ依存」を掲げ業績回復を急いでいる。ヘルスケア事業は黒字だが、競争環境が厳しく売却して成長分野への投資や不採算事業のリストラ資金に充てる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。