外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】近くの街角ステーションで電気自動車(EV)を借りて、目的地周辺のステーションで返却する公共都市交通システム「オートリブ」が5日、パリ周辺で本格的な運用を開始した。排ガスによる環境汚染や道路渋滞を解消する試みで、こうしたシステムは世界初。パリのドラノエ市長は「パリ周辺の生活環境を改善する革命だ」としている。パリと周辺計46自治体の250ステーション、250台のEVで運用を始める。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信