外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ、ベルリン共同】東京電力福島第1原発事故から2年になるのを前に、ドイツやフランスで9日、原発反対を訴えるイベントが行われた。パリ中心部などでは反原発団体の代表者らが「フクシマの教訓を忘れてはいけない」と訴え、手をつないで「人間の鎖」をつくった。パリでは原子力大手アレバ、経済・財政省の建物前などを通る約40キロで、ドイツではグローンデ原発40~60キロを囲む形で、人間の鎖をつくっていった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信