外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】2015年11月に同時多発テロが起きたパリと周辺自治体で構成する首都圏の観光委員会は21日、16年に首都圏を訪れた日本人観光客が推計で前年比41・2%減少し、32万人だったと発表した。1年余りが過ぎてもテロの傷痕は残り、観光産業に深刻な打撃となっている。

共同通信