【パリ共同】大雨によりパリのセーヌ川が増水して道路冠水や住宅浸水が相次ぎ、ルーブル美術館は3日、浸水を警戒して7日までの休館を決めた。近郊の流域では洪水が起きており、フランスのメディアによると、3日までに計3人が死亡、観光施設や交通機関への影響が拡大した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。