【パリ共同】大雨によりパリ近郊などで起きたセーヌ川の洪水で、フランス政府の危機対策会議に出席したバルス首相は4日、「パリでは水位が低下に向かっている」と述べた。一方、正常水位に戻るまでには「時間がかかる」と指摘し、国民に警戒を続けるよう求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。