外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 パロマ工業(現パロマ、名古屋市)製のガス湯沸かし器で2005年、大学生上嶋浩幸さん=当時(18)=が一酸化炭素中毒となり死亡した事故で、家族が約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であり、三角比呂裁判長はパロマと修理会社に約1億2千万円の支払いを命じた。東京ガスへの請求は棄却した。判決は「事故を予想できたのに、使用者らへの危険性の告知や一斉点検、回収を怠った」とパロマの過失を認定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信