ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

パンスターズ彗星、捉えた

 明るく輝き肉眼でも観察できると期待されているパンスターズ彗星が10日、太陽に最も近づいた。長野県で撮影された写真では、彗星の特徴である尾を引く様子が分かる。撮影した写真家飯島裕さん(54)によると、10日午後6時半ごろ、長野県原村の高原地帯で、ごく低い西の空に見つけた。「双眼鏡で探した。太陽のそばで見つけにくかった」という。10分程度で沈み、見えなくなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。