外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 英科学誌ネイチャーは、2012年に科学分野で注目を集めた「ことしの10人」の1番手に、ヒッグス粒子とみられる新粒子を発見した欧州合同原子核研究所(CERN)のロルフ・ホイヤー所長を選んだ。20日付の同誌で発表した。CERNは7月、大型加速器の実験で、50年近く前に存在が予言されたヒッグス粒子をほぼ確認したと発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信