外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】オーストリア北部ブラウナウにあるナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの生家を政府が強制収用したのは違憲だと家主だった女性が訴えていた裁判で、オーストリアの憲法裁判所は30日、「収用は公益にかなう」として違憲ではないとの判断を示し、訴えを退けた。

共同通信