外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】ネパール・ヒマラヤの高峰ダウラギリ(8167m)で日本人登山家3人が雪崩に巻き込まれた遭難事故で、助かった日本プロガイド協会所属、島田和昭さん(37)ら日本人3人と、ネパール人シェルパ5人の計8人の捜索隊が9日、カトマンズから遭難現場に向かった。同協会の角谷道弘会長(47)によると、捜索は6日間の予定。これまでに絞り込んだ標高約5千m地点のエリアを重点的に捜索する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信