外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は24日、厳しい暑さが続いた8月の近畿と東海では、都市部の気温が郊外に比べ高くなる「ヒートアイランド現象」の効果がこの5年間で最も強かったと発表した。月平均気温は現象の効果がなかった場合に比べ、大阪市で2・3度、京都市と名古屋市で2・2度高くなった。気象庁は、太平洋高気圧の張り出しといった自然の要因に加え、ヒートアイランド現象の強まりも猛暑となった一因と説明している。

共同通信