外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】ロンドンを象徴する建物の一つ、英国会議事堂の大時計(通称ビッグベン)塔の傾斜が進行していることが分かった。英メディアが10日までに伝えた。英議会の調査報告によると、時計塔は2002年11月~03年8月に約3ミリ傾いたことが確認された。その後傾斜の進行は速まっており、塔は現在、約0・26度傾き、塔の頂は垂直線から約43センチ離れている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信